営業担当の代わりに店舗を巡る

店員

ラウンダーとは、自社商品の売上向上を目的に、営業担当の代わりに店舗を巡る職業です。具体的には、店舗等に出向き商品の説明や補充、売り方のアドバイスなどを行います。また、商品の在庫状況を営業担当に連絡し、売上向上につなげる役目を担います。場合によっては、新商品の販売戦略に加わることもあります。通常のラウンダーの仕事は、自社商品を置く場所を確保することです。目立つ場所を多く確保することで、売り上げの向上が期待出来ます。時には店舗側と組んでキャンペーンを実施し、商品を広くアピールすることもあります。ラウンダーは営業担当と異なり、店舗の店頭で実際の陳列や販売方法の工夫を手掛けます。その分、消費者との距離が近く、実際の売れ行き動向を把握できるのが強みです。企業の営業担当は、店頭の商品陳列に割く時間が取れないもので、ラウンダーの果たす役割は大きいと言えます。当仕事の魅力は自らのアイデアや企画を通じて、直に売上向上に貢献できることです。売上は具体的な数字となって現れるので、充実感や達成感が得られます。ラウンダーの仕事は、子育て等で忙しい主婦でも、時間を選んで行うことが可能です。自分のライフスタイルに合った働き方をすることで、無理なく仕事を続けられるのが魅力です。また、シフト制のような制限もないので、急な家庭の事情が発生しても柔軟に対応してもらえるものです。

コミュニケーション力が必要

ラウンダーは働き甲斐があり、達成感を感じられる仕事です。その分、売上向上につなげるための能力やスキルが求められます。昨今、インターネットの普及によって店舗販売に領域が狭まる傾向も見られます。それ故、売上向上を図るには、ネット販売に負けない魅力をアピールする必要があります。ラウンダーは店舗を巡る仕事なので、人と触れ合う機会が多いものです。場合によっては消費者からの質問や店舗側からのクレームが入ることもあります。それらのアプローチに適切に対応するためには、相当のコミュニケーション力が必要です。クレームに関してはマイナスに捉えるよりも、前向きな課題として考えた方が良くなります。ラウンダーは基本的に一人作業なので、孤独を感じることもあるかもしれません。会社の営業担当と連絡は取れますが、店頭で相談する機会は殆ど無いのが実情です。それ故、事情に応じて同じ職種と連絡を取ることも選択肢の一つです。ラウンダー同士でコミュニケーションを取れば、情報交換の機会にもなります。お互いが抱える課題を共有し合うことで、ストレス発散の場にもなるものです。当職業に就くための特別な資格はありませんが、情報収集力やコミュニケーション力は求められます。何より当職業は、消費者目線が大事です。ラウンダーの強みは、消費者の立場から販売戦略を立てられることです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中