埼玉県越谷市の痛み・しびれ・難治性疼痛・自律神経症状の専門外来。完全予約制。検査(自律神経測定)。運動器疾患・自律神経機能・精神機能・内蔵機能の改善。
トップページ

About us
BFI 研究会事務局
予約申込フォーム
料金表(当院パンフレット)
代表プロフィール
アクセス(越谷駅から)
アクセス(南越谷駅から)

mikami's eye 1
BFI の口コミ・評判
無意識下で働く小脳
脳疲労とタッチケア
自律神経&BFI
ミラーセラピー&BFI
4スタンス理論&BFI

mikami's eye 2
関節運動学とは
関節神経学とは
関節7つの精密機能
骨関節疾患の痛み
手足のしびれ
リハビリテーション(脳と痛みの関係)

mikami's eye 3
三上の十説
CRPS(RSD)を正しく理解するために
三上式プライトン固定
自律神経と気候の関係&4タイプ特性
デフォルト・モード・ネットワーク
脳内補完とソフトペイン

Information
セロトニン&BFI
BFI 研究会公式サイト
三上のブログ一覧

腰痛の整体,整骨,接骨,治療院,整形外科,名医を埼玉県草加市,越谷市,春日部市,流山市,野田市,吉川市,川口市でお探しなら当院に

ミラーセラピー&BFI

ミラーセラピーとは?

幻肢痛やCRPS(RSD)の治療および脳卒中の回復期リハにおいて利用されている最新の療法で、鏡に映った健側の手があたかも患側の手のように見えることで、脳の情報処理システムが改善されてしまうという画期的な手法です。

◆ミラーボックスによる幻肢痛(ファントムペイン)の治療◆
サンプル画像
上下の画像はTBS『生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー “人間とは何だ…!?”』より一部加工
サンプル画像
鏡のトリックによって
鏡のトリックによって映し出される“失った手”が視覚を通して甦ることで、“脳が安心”し、これにより痛みの誤作動が止まると考えられています。

難治性の痛みや拘縮に対する新たな可能性−ミラーセラピー&BFI−

ミラーセラピーは視覚フィードバックによって脳の可塑性を促す療法であり、BFI は触覚および運動覚フィードバックによって脳の可塑性を促す療法です。

この両者を組み合わせることで、これまで治療の難しかった痛みやしびれ、筋協調性の異常、原因不明の企図振戦(手のふるえ)、難治性の四十肩、変形性関節症、CRPS(RSD)等々に対する治療が極めて安全に、そして効率的に行えることが分かってきました。

さらにギプス固定後の関節拘縮にも応用できることが示されており、未来のリハビリを根底から変える可能性を秘めています

◆応用例) @四十肩の治療◆
サンプル画像
はじめにBFI を施行し、その上で写真のようなミラーセラピーを行うと、
難治性の四十肩がいとも簡単に回復してしまうケースが多く、本人はもとより術者も驚くほどの即効性を有しています。

上の症例は左肩の四十肩です。鏡に映っている右腕を上げ下げしている様子を鏡越しに見ると、まるで左腕(患側)が上がっているような錯覚を覚えます。その上で右腕に合わせて実際に左腕も上げていくと、あら不思議!上げるのに難渋していた左腕がスーッと軽く上がるようになります。

効果には個人差がありますが、従来の物理療法や可動域訓練に痛みや脱力を伴うという方には是非試していただきたい治療法です。

◆応用例) ACRPS(RSD)回復期リハにおける筋力UP◆
サンプル画像

上の症例は右足部に発症した小児CRPS(RSD)です。
あまりの激痛に「この足を切り落としたい」と訴えていた重症例でしたが、BFI によって痛みが改善し、通常の日常生活が送れるようになりました。

上の写真は回復期において、右足趾の筋力低下に対するミラーセラピーを利用した筋力増強運動の様子です。術者の指を掴む練習において、健側の力強い動きを鏡越しに見ることで、“視覚・触覚・運動覚の複合フィードバック”による患側の筋力上昇が起こります。通常の筋トレより遥かに即効性があり、かつ効果的に筋力を上げることができます。
.
サンプル画像

◆応用例) B変形性股関節症の治療◆
サンプル画像

上の症例は右大腿内側広筋の萎縮が顕著な方です。
CRPS(RSD)体質が強いため、通常の筋トレは痛みのために行うことができません。しかし上の写真のようにミラーセラピーを利用すると、痛みを誘発することなく効率的な筋トレを行うことができます。

自分でゆっくりと膝を伸ばしたり、大腿を内旋させたりする自動運動を鏡越しに見ることで脳の可塑性が促され、筋出力がUPします。

◆応用例) C手根管症候群の治療◆
サンプル画像

,
サンプル画像

上の症例(67歳・女性)は典型的な手根管症候群です。
ミラーセラピーを行う前段階として、母指・示指・中指のしびれに関してはBFI を半年ほど続けた結果消失。こうした治療的診断の積み重ねによって「しびれの多くは神経脱落症状ではなく、脳の誤作動による感覚異常(paresthesia及びこれに類する知覚異常)に過ぎない」ことが分かっています。

そして触覚同期ミラーセラピーによってピンチ力も回復するという驚くべき結果が得られます。

◆応用例) D小児の母指CRPS(RSD)の治療◆

.

上の症例は母指の激痛のため半年以上学校に行けない状態でしたが、
BFI&触覚同期ミラーセラピーによってアロディニアが改善し、爪も切ることができるようになり、2か月後には元気に登校できるまで恢復しました。

◆応用例) Eばね指(弾撥指)の治療◆
サンプル画像
上記画像をクリックすると実際の動画がご覧になれます
ばね指における弾発現象(スナッピング)が劇的に回復した映像です。このように「脳の可塑性を促す」という視点によって従来の常識を覆す効果がBFI研究会によって多数報告されています。

脳の神経回路の乱れを正常化することで筋協調性の回復が得られ、結果的に“ばね現象”をも改善させると同時に痛みも改善します。

「腱鞘炎すなわち組織の炎症による痛み」という概念ではなく「脳原性の痛み」という新たな視点−痛み概念のパラダイムシフト−の重要性を知らしめる現象です。

◆応用例) F骨盤のゆがみ&股関節拘縮の治療◆
ミラーセラピー(骨盤のゆがみ&股関節拘縮)

上の症例は整体師から骨盤のゆがみを指摘されている方です。
「あぐらをかくことができない」という訴えで来院されました。たしかに骨盤のねじれがあり、同時に右股関節の拘縮(左写真のように完全に開かない状態)が認められましたが、BFI によって可動域が大幅に回復し、さらにミラーセラピーを行ったところ、右写真のように完全に開くことができるようになりました。

このように脳の可塑性が
このように脳の可塑性が促されると、筋出力バランスが回復することで背骨や骨盤のゆがみも自然矯正されます

したがって数十年後の医療においては力ずくの矯正術は時代遅れのテクニックとなっていることでしょう。BFI やミラーセラピーに代表される脳の可塑性に主眼をおいた治療法はまさしく次世代の医療技術だと言えます。

↓ミラーセラピーの実際(クリックすると動画がご覧になれます)↓
サンプル画像

余白

・トップページ
・BFI 研究会事務局  ・当院パンフレット(画像)  ・BFI の口コミ・評判  ・予約申込フォーム  ・代表プロフィール  ・アクセス(越谷駅から)  ・アクセス(南越谷駅から)  ・ミラーセラピー&BFI  ・自律神経&BFI  ・セロトニン&BFI  ・4スタンス理論&BFI  ・関節運動学とは  ・関節神経学とは  ・関節7つの精密機能  ・骨関節疾患の痛み  ・手足のしびれ  ・リハビリテーション(脳と痛みの関係)  ・三上式プライトン固定  ・脳内補完とソフトペイン  ・無意識下で働く小脳  ・自律神経と気候の関係&4タイプ特性  ・自律神経セルフチェック  ・デフォルトモードネットワーク  ・三上の十説  ・三上のブログ一覧  ・BFI研究会公式サイト(外部リンク)  ・三上クリニカルラボのホワイトボード(外部リンク)  ・CRPS(RSD)を正しく理解するために(外部リンク)  ・痛み記憶の再生理論(外部リンク)
BFI 研究会

Facebookページも宣伝

,

COPYRIGHT(C)2007 埼玉県 越谷市 BFI 三上クリニカルラボ ALL RIGHTS RESERVED.